本文へ移動

IKカットルーフ和真

独自構造による、最高級屋根材で日本の四季に対応します。

ABCの組合せによって、雨風による水の巻上げを空間層で抑えると共に、風鳴浮足状態を起こさない。
A に圧力を加えた場合BCがスプリングの働きにより、加重にたえる。
          
B の構造と組合せにより、毛細管現象によるの吸上げを止める 
    
C 斜めの形状になっているための押上げを防止し、錆腐食等を防ぐと共に、ABの加わる圧力風圧に対しても三点バックスプリングが、大きな働きをする。
IKカットルーフ和真は、段葺きの実績の中から生み出された最適な屋根構造です。
四季折々の気候の変化、台風、地震などの日本の厳しい自然環境にあった屋根として、幅広い対応が可能です。(店舗・施設・賃貸アパート・一般住宅など)各種の厳しい品質試験にも抜群の耐性を発揮し、長期に渡り変わることのない強さで住まいをまもります。
既存の平板スレート屋根を剥がさずに、そのまま重ね葺きリフォームもできます。
また、この段葺きは屋根形状・勾配により、カット加工しますので、能率的・経済的な施工ができます。(長尺成形・現場成形可能。断熱材は耐熱発泡スチロールを使用)
屋根の形状
材質
切妻型
寄棟型
入母屋型
ガルバリウム鋼板(0.35mm)
アルミ合金鋼板(0.4mm)
ステンレス鋼板(0.3mm)
銅 板(0.35mm)
IKカットルーフ和真の段葺きは実用新案に登録されている高性能な屋根構造です。
TOPへ戻る